製品タイプを選ぶ基準

ホーム>製品タイプを選ぶ基準

ご自分に合った製品タイプ

顆粒、タブレット、エキス、レトルト、乾燥(お茶にして飲用)など様々なタイプのアガリクス製品が販売されていますが、以下のようなことをご参考にご自分に合った製品を選んで下さい。

【製品タイプを選ぶ基準】
1.アガリクス100%の状態に近く、人工的な添加物が加わっていない。
2.製品化の際に熱が加わると酵素が失活化してしまう=即効性が期待できないため、熱が加わっていない製品が好ましい。
以下、具体的な製品タイプの特徴です。


〇顆粒、タブレット
 持ち運びにも便利なため、旅行や入院中にも便利。顆粒の場合、キノコの味や匂いが苦手な人や、粉薬が飲みにくい人はオブラートに包んで飲むなどの方法もあります。特殊製法で酵素が含まれている製品もあります。

〇エキス、レトルト
 持ち運びにも便利なため、旅行や入院中にも便利ですが、製品化の際に熱が加わってしまうため、酵素は失活化してしまっています。残念ながら即効性は期待できません。

〇乾燥(お茶にして飲用)
 アガリクス本来の飲用方法。お茶にするまでの手間がかかってしまいますが、酵素が一番多く含まれます。

注:『低分子』『細胞壁破砕』などを謳った製品について
『低分子』『細胞壁破砕』『酵素処理』『水溶性』などを謳っている商品は、「β-グルカンの分子量が小さい」=「吸収しやすく効果が高い」といったイメージで販売されていますが、実際にはβ-グルカンの分子量は大きい方がいいことが20年も前から世界的には認められています。 これらの製品は販売にのみ注力し、研究もされていないことが多いため、お勧めできません。